So-net無料ブログ作成
第2回(準備) ブログトップ

水上バスからの風景 その2 ヒミコ編 [第2回(準備)]

浅草~お台場までの直通便に、「ヒミコ」という水上バスがあります。
あの、松本零士がデザインした宇宙船のようなフォルムと車いすユーザーにとってはうれしい
バリアフリー仕様になっています。
http://www.suijobus.co.jp/himiko_ship/index.html

アサヒビールタワーをバックに水上バス(ヒミコ)の写真

今回はヒミコからの風景をお届けします!

ヒミコへの乗船風景写真(スロープを利用)①ヒミコへの乗船風景写真(スロープを利用)②
乗船風景、上の写真のように段差無しでスムーズに乗船できます。


車いすスペースのある後部デッキ(写真)

車いすスペースのある後部デッキの様子。
車いすスペースは3台分確保されています。


後部デッキから客室への階段(写真)一般客室(写真)
後部デッキから階段を降りると、一般の客室になります。
ここも、バリアフリーだといいのですが・・・・・

ヒミコの船内は上の写真の様にドーム状の屋根で覆われています。(格子状に外が望める屋根の写真)
ヒミコの船内は上の写真の様にドーム状の屋根で覆われています。
ヒミコから見る東京タワー(写真)
       東京タワーが見えました!

 


水上バスからの風景 その1 [第2回(準備)]

しなやか@外出プロジェクトではこの秋10月14日の車いすユーザー向け外出企画の為に3月と8月に下見を行いました。その際の水上バスのからの風景です。

まず、浅草~日の出桟橋~お台場海浜公園というルート、所要時間約1時間45分の水上バスの
旅を写真でお楽しみ下さい!

水上バスから吾妻橋をのぞむ写真
                 浅草を出発直後

後部デッキから水上バス後ろの写真
                 後部デッキより

道灌号後部デッキの様子
          道灌号後部デッキの様子

道灌号天窓の写真
          船内の天窓
水上バス横から眺め(写真)

お台場付近にて、かもめが船の間近までよってきてビックリ!(ニューシティ号)(写真)
 お台場付近にて、かもめが船の間近までよってきてビックリ!

お台場付近にてフジテレビが(水上バスからの写真)
     お台場近くにて。フジテレビが見えてきました!


浅草からの水上バス乗船  [第2回(準備)]

今秋に私たち外出プロジェクトで行う「浅草~お台場水上バス観光」の下見風景から、浅草での
水上バス乗船風景と船内の様子です。
浅草乗船場内へのスロープ(写真)
     乗船場までのスロープ

乗船場には上のようにスロープで入れます。

浅草乗船場内の様子(写真)
            乗船場の様子
車いすでの乗船の場合は、乗船時間の30分前には待機する必要があり、一番先の乗船となるので列に入らず手前のスペースで待ちます。

乗船場待合室~階段(昇降機(エスカル))の写真踊り場から桟橋をのぞむ(スロープ写真)
       乗船場待合室から              踊り場から
係員さんから声がかかると、桟橋の手前まで階段昇降機で降ります。
桟橋(水面)までは結構な高低差があるので、2段階で降りなくてはなりません

外出プロジェクトメンバー(車椅子ユーザー)が昇降機で降りている写真外出プロジェクトメンバー(車椅子ユーザー)が昇降機で降りている写真②
                     階段昇降機
乗船場からは係員さんの操作する階段昇降機でまず、踊り場まで降ります。
 

外出プロジェクトメンバー(車椅子ユーザー)桟橋までのスロープを後ろ向きに降りています(写真)外出プロジェクトメンバー(車椅子ユーザー)が桟橋までのスロープを後ろ向きに降りています(写真)②
                      スロープ
上の写真の様に、スロープで実際に船に乗る桟橋まで降ります。
この日は(8月5日)、隅田川の水位が低かった為スロープの傾斜が激しく、降りるのに一苦労でした。
係員さんの話によると、季節等により水位が変わりスロープの傾斜角度も大きく変わるそうです。

アサヒビールタワーをバックに道灌号の写真
                      乗船した道灌号

道灌号への外出プロジェクトメンバー(車椅子ユーザー)の乗船風景(写真)船と桟橋の隙間の写真(道灌号)
         乗船の様子                      船と桟橋 
乗船する際、船と桟橋に多少の段差があるため、係員さんのお手伝いが必要にになります。

道灌号後部デッキの写真(中央にゴミ箱が3つありました)
        後部デッキの様子
客室までは、階段があるため上の写真の入って直ぐのデッキでの船旅となります。
直接川風を感じながらの船旅はとても快適でした!

道灌号後部デッキから後ろ向きに隅田川を撮影した写真
                   デッキからの眺め
当日は、お天気もよく真夏でしたが、船の上はとてもさわやかで、上の写真のように水の上から眺めは普段体験できない景色で最高でした!

 


浅草下見(taka編) [第2回(準備)]

土曜日に仕事ついでで浅草に行ったので簡単ですが確認できた事を報告します。



1 雷門~仲見世~浅草寺



ご存知の観光名所ですが、まず雷門の中に7~8cmくらいの敷居?のような突起がありました、

 (/ ̄ ̄ ̄\こんな形)介助があれば手押車椅子では問題なし、電動でも何とか超えられそうな高さだと思います。

門を出ると今度は1段下がっていてました(約10cm)、介助があれば後ろ向きで簡単に降りられる高さだと思います。
(電動では少し衝撃があるかもしれません)

ただし、雷門の両脇は段差が無いので、門をくぐらなければ問題は無いです。

仲見世~浅草寺前までは石畳になっているのですが、多少の凹凸はあったものの基本的には段差はありません。ただ仲見世は狭い上に人が多く、いきなり立ち止まったりする人もいるので通行には、車椅子ユーザーもしくは介助者にとっては神経を使う場所だと思います。

そして浅草寺本堂は4箇所に十数段の階段があるのみでした、、、、、



トイレは下の地図にあるように仲見世の両脇の道路の4箇所はいずれも車椅子対応設備なし、いずれも入り口に段があり、中も狭く車椅子ごと入るのは難ありです。
浅草寺敷地内向かって右の車椅子トイレは建物の工事中で使用できない状態で、入り口に階段がある仮設トイレがあるのみです。

浅草車椅子対応トイレマップ


2 水上バス乗り場周辺



乗り場の通りを隔てたすぐ前の浅草松屋デパートの3Fに車椅子用トイレがありましたが、残念ながら使用中のため中は確認できませんでした。

ちなみに、この階は婦人トイレしかなかったので紳士トイレを改造したとみられ、このときも4人ほどトイレの外で待っている人がいたので身障者やベビーカー以外での使用も多いのかも、と思ってしまいました。(繁華街・観光地で女性がトイレに苦労した話はよく聞きます)
私の経験ですが、車椅子用トイレは見つけられても使用中だと結構待たされる事が多く、結局また別のトイレを探すなどということもあるので気になるところでした。



乗り場のある隅田公園内にもう1箇所車椅子トイレがあるようですがそちらは時間の都合で未確認です。



短時間でしかも写真の用意も無かったので簡単にですが以上です。
         TAKA                                                                  


浅草観光マップ [第2回(準備)]

中野さんも浅草に行ってきたようで、地図をアップして欲しいと言うことでしたので、
スキャンします。

その他
http://www.taitocity.com/kanko/asakusa_ueno/j_guide/taito_map_download/maps/asakusa_j.html
に観光マップがダウンロードできるようになっており、
車いすトイレなどの情報が出ています。

浅草マップ

資料提供 中野さん


お台場レポート ~DECKS Tokyo Beach編~ [第2回(準備)]

インフォメーションにてバリアフリーマップがあるか訪ねたところ、バリアフリーマップではなくてフロアマップがあるということでもらってきました。
デックスなのに隣のアクアシティのフロアマップも一緒にもらうことができました!
テレポートブリッジから行く際に雨が降っている場合は少し濡れてしまいそうなので、
カッパを着ていけば良いと思います。

エレベーターは3基あります。

↓3階のエレベーターの状況です。(お台場海浜公園、シーサイドデッキ側のエレベーターです。)
デックス3階のエレベーター

多目的トイレは少ないようです。(3階は1ヶ所だけです。)
※あとで全フロアにいくつあるか調べておきます。
↓3階の多目的トイレの様子です。(扉は手動式、完全に開いておかないと閉まってきてします。)
トイレの様子1トイレの様子2トイレの様子3

レポ:おさむ


浅草 水上バス 下見(ゆうた) [第2回(準備)]

先ほど浅草へ行ってきました。時間の都合上、トイレやエレベータの
寸法を測ったりいくつか質問をしわすれたりしてしまいましたが、とりあえず報告しますね。

1. 水上バスについて
1-1. 急な階段、リフト、乗船について
水上バス乗船場
これについてはなかに入れさせてもらって写真を撮ってきました。写真は今晩深夜(恐らく午前様になります)、
切符売り場に向かって左側に土手の壁に沿って20〜30mほどのスロープがあります。傾斜は急というほどではないので、ある程度上半身に力を入れられるかたなら、自力で手動車椅子を漕いで上がれると思います(傾斜は写真を参考にしてください)。
水上バス乗船場
車椅子を使わないお客さんは通常右側から ぐるっとまわることになりますが、われわれは普段閉じられているスロープ用入口のシャッターを開けてもらい、切符売り場のなかに入ってすぐに左側へ。

船が着く桟橋までは急な階段があります。段数は15段ほど。ここでの降り方は2通りです。鉄道の駅などで使われるエスカルタイプの昇降機に車椅子ごと乗り込み降りる方法。これは電動、手動とも。もうひとつは歩いて階段を降りれるかたは車椅子から降りて階段を自分で、そして車椅子だけを職員 が手で持って下ろす方法。これは手動のみ。ちなみに手動車椅子ユーザーが車椅子に乗ったままこの階段を下ろすことは安全上行なっていないとのことです。
水上バス乗船場
水上バス乗船場
この急な階段を降りたら桟橋に降りるため5〜6mほどの渡り鉄板があります。ここはフラットではなく少しばかりの傾斜と滑り止めのため凹 凸を設けてゆるやかな階段のようになっています。車椅子は車輪幅に合わせて轍のように凹凸をなくしている箇所があります。そこを職員の介添えで電動、手動とも後ろ向きに桟橋までおり
ます。

エスカルから桟橋の上までがひとりあたま5分ほどです。4人であれば20〜30分ほどかかることになります。それで早く下りた人の待つところは下記の通り。

桟橋の上は水面に直に浮いているため揺れがあります。ですので早めに下に下りた人は切符売り場の真下にあるスペースで 待つことになります。ここは水に浮いているわけではないので揺れがなく、少しだけ奥まっているので風などに吹きさらされることもある程度は防げるとのこと。
水上バス乗船場
桟橋から船へですが、ヒミコは専用タラップがあるとのこと。それ以外の船は職員が持ち上げての乗船になります。



<補足:乗船場から桟橋までの渡り鉄板ですが、轍があっても若干の凹凸があります。また轍に車輪幅が合わない場合は、電動、手動ともに後ろ向きになってもらって職員が持ち上げて降ろすことになっています。>

船内での移動については、段差があるので、基本的に後部デッキにいてもらうかたちになるそうです。

乗船の順番ですが、まず先に車椅子ユーザー、それから他のお客さんとなります。

急な階段、リフト、乗船に関しては以上です。

1-2. 航海中の緊急時対応について
航路が23区内の河川ということもあり、緊急時にはすみやかに携帯電話、船内備え付けの無線にて外部と連絡。車椅子ユーザーには自分で泳げない人も多いが、と質問したところ、乗客には船員の指示によりすみやかな救命胴衣の着用と救命筏への移乗を行なうとのこと。
航海中の緊急時対応については以上です。

1-3. 下見時の込み具合について。
3月18日はかなりの混雑が予想されます。15名以上であれば事前予約ができるが、ヒミコに関しては午前の便しか事前予約ができない。
午後からの便は予約を受け付けていないとのこと。
また別途予約料なとはかからない。キャンセル料は派生するが、くわしいことはフリーコール0120-977311に問い合わせてほしいと言われました。
車椅子ユーザーが10名ほどとなると前もって連絡がほしいが、4名程度であれば事前連絡は必要ありません。
当日来ていただいても対応は可能だそうです。
ただし、込み具合によるとのこと。早めにきていただければ問題はないが、乗船20分前(5分×4人)に来ていただいた場合は次の便を待ってもらうこともあり得るということだそうです。
この「早め」というのは具体的に何分というのはお答えいただけませんでした。 あゆみさんに添付する写真に桟橋に降りる前に並ぶ場所を写したものがありますが、例年より早い桜の開花が予想されることもあり、3月18日には恐らくそこはいっぱいになるだろうw?
という予想をいただきました。

1-4. トイレ
切符売り場や桟橋、桟橋手前の並ぶ場所には車椅子ユーザー、非車椅子ユーザーとも使用可能なトイレは用意されていないとのこと。
エスカルを使用して下に降りたとしても、尿意、便意をもよおした場合、また数分かけてエスカルを使用して上がり直します。
そして切符売り場の外に出て、目の前にある車椅子ユーザー対応公衆トイレに行くことになります。
・切符売り場前の公衆トイレ
この公衆トイレに関しては時間の都合もあり、写真を撮ることのみになりました。すみません。
水上バス乗船場 水上バス乗船場 水上バス乗船場
わかる範囲で書きますと、
ドア:手動。スライド式(かなり重い。踏ん張っても片手では難しい)
照明:未確認。
手すり:有り。便座に座って右側。可動かどうかは未確認。
洗浄ボタン:便座に座って左側。押しボタン式。センサー無し。
非常ベル:未確認。
使用できる日・時間:制限無し。
アプローチ:車椅子ユーザー対応トイレに向かって左側手前よりゆるやかなスロープ有り。
広さ:寸法は未計測。しかしなかで車椅子の回転、リクライニングは充分可能。
便座:標準。
ペーパーホルダー:未確認。
手洗い:便座に座って左側前方角。蛇口式(水が出る口の下側真ん中に栓)。 台はかなり小さい。車椅子を近づけてもかなり前屈みになれる人でなければ手洗いは難しい。手すり、鏡無し。

車椅子ユーザー非対応トイレ(男性用)は、小便用の便器は4つ。足下に10センチメートルほどの段差。足下に滑り止め用マット無し。手すりのある小便用便気もないので、車椅子ユーザーで立って用が足せる人でも注意が必要。大便用も10センチメートル程度の段差有り。狭い。使用中だったため中は未確認。

・ 船内のトイレについて
車椅子ユーザー対応トイレはヒミコも含め用意がないとのこと。

1-5. その他
車椅子ユーザーが自ら切符を買う場合、券売機に近づけて購入できるかという疑問がありますが、今回は確認できませんでした。
都営大江戸線などでは、券売機の前に奥行きのあるスペースを設けていて、車椅子に座った姿勢のままできるだけ上半身を券売機に近づけられるようにしています。
水上バスの券売機に関しての印象は、そのようなスペースはなかったと思いますが、要確認。




■候補地の案
●浅草〜お台場でラーメン!
 浅草へ電車で移動→水上バス「ヒミコ」でお台場へ
 お台場でラーメンを食べて、ゆりかもめで戻る
   ○交通費
 旗の台→浅草(380円)
 浅草→台場(1360円)
 お台場→旗の台(710円)
 合計:2450円(実際は障害者割引で少々安くなる)
 ○ラーメン代(1000円)
 ■合計:3450円
 ※ヒミコ
 http://www.suijobus.co.jp/himiko_ship/main.html
 http://www.minato-cosw.net/syakyou/townmap/himiko/shoukai.html
 バリアフリー船のようで、車椅子スペース、車椅子トイレ完備の用。
 身障者割引あり。同伴者1名とともに通常乗船料が半額。


浅草駅バリアフリーMAP [第2回(準備)]

都営浅草線のバリアフリー状況に関しては、
エレベーターがホームから改札、改札から地上と設置されていました。
1台ずつぐらいしか入れない狭いエレベーターですが、大きな問題はなさそうです。

都営浅草線浅草駅の構内避難経路図や周辺案内図
(全体ではなくて水上バス乗船場付近のアップ)なども写してきました。

浅草駅案内図

浅草駅案内図

浅草駅案内図 周辺略図

レポート:ゆーた


都営浅草線浅草駅エレベーター [第2回(準備)]

エレベーターについて
浅草駅

吾妻橋横の水上バス乗船場から歩いて5分ほど行った駒形橋よりすぐの
A2-b出口が地上階と改札階を繋ぐエレベーター。
浅草駅
浅草駅

寸法その他は未確認。
目測では他に乗っている人がいなければ車椅子の回転は可能。
扉向かって右と両側壁にボタン。手すり三方ともあり。鏡あり。
点字ブロックもエレベーター内部にまであり。
浅草駅

改札階からホーム階へのエレベーターは2基。
押上方面行きホームへのエレベーター(吾妻橋寄り改札くぐって右)と
西馬込方面行きホームへのエレベーター(駒形橋寄り改札[A2-b出口エレベーター]を
くぐって正面の通路に入り15メートル?ほど進んだ右側)とに別れているので注意。

浅草駅
浅草駅
浅草駅

広さは目測では上記のものと変わらない。


浅草乗船場(水上バス乗り場) [第2回(準備)]

夜の下見(雨での状態)

18時に向かう予定が19時となりました。
しかし今日はすでに17時10分に最終便が出ていまして、ぼくたちが着いたときには人気のない状態でした。

前もって確認をせずにすみませんでした。
やはり当初の予定どおり明日の朝にぼくひとりで行ってみます。

それから下見ですが、18日にしてよかったです。

というのも、2月22日から3月14日までヒミコは年間定期整備のため運休するそうです。

2月24日から代替船が出るそうですが、バリアフリーを謳っているヒミコを検証する目的であれば3月3日、4日は不可能だったわけですね。

乗船場

乗船場

乗船場

障害者用トイレ外観

乗船場のトイレ

明日(本日)、緊急時の対応と改めて階段、リフトについて、それから3月18日ごろの込み具合を確認してきます。

レポート:ゆーた


第2回(準備) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。